エントリー

「根の深い木」チャン・ヒョク&シン・セギョン、ドラマがきっかけで“ハングル広報大使”に任命

俳優のチャン・ヒョクとシン・セギョンが、ハングル広報大使として任命された。

文化体育観光部(長官:チェ・グァンシク)は27日の午後、ソウル鍾路区(チョンノグ)臥龍洞(ワリョンドン)にある文化体育観光部でハングル広報大使の任命式を行った。

彼らが広報大使に選ばれた理由は去年放送されたSBSドラマ「根の深い木」の影響があった。

世の中で最も愛する父は字が読めなかったため死んでしまい、その苦痛からハングル創製を手伝っていたカン・チェユンの役を演じたチャン・ヒョクと、失語症にかかりしゃべることができなかったが、世宗の訓民正音(後のハングル)創製に大事な役割を果たしたソイの役を演じたシン・セギョンは、命をかけてでも訓民正音頒布を手伝った姿で、ハングル広報大使を務めることになった。

文化体育観光部は「『根の深い木』での出演でハングルを人々に広く知らせただけではなく、広報大使の役割に必要な大衆の人気と信頼が高く、韓流スターとしてハングルを世界に知らせる俳優のため」と明かした。

彼らはこれから2年間、ハングル広報大使として活動しながら、ハングル週間を祝い、韓国語関連の主要行事に参加する。また10月に出帆する世宗学堂財団を通じて、韓国語の世界化にも参加する予定である。特に、10月5日から始まるハングル週間を迎えて、ハングルと関わる様々な文化・芸術行事を行う予定である。

K-style
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1952943&categoryCode=PU


まあハングル創製に二人の功績大ですから...{#ニャッ}

 

ページ移動

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連エントリー

コメント0件

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム

ユーティリティ

カレンダー

検索

エントリー検索フォーム

Feed