エントリー

「大風水」1話減らして35話で来月7日に放送終了

SBS水木ドラマ「大風水」(脚本:ナム・ソンニョン、パク・サンヒ、演出:イ・ヨンソク、ナム・ゴン)が1話を減らして、35話で放送を終える。

SBSドラマ局の関係者は、18日にマイデイリーとの電話インタビューで「『大風水』は従来の36話ではない、35で放送を終えることを決定した」と伝えた。

「大風水」は当初36部作で企画されていたが、去年12月19日にあった第18代大統領選挙の放送のため、1話分の放送が無くなった。

後続作である「その冬、風が吹く」の最初の放送日を2月13日で確定しながら、1話を減らして終えるか2話を連続放送するか論議した結果、1話を減らして2月7日に35話で放送を終える決定をした。

「大風水」は、朝鮮建国の発端となった威化島(ウィファド)で回軍を描く2幕に入りながら、イ・ソンゲが君王に変わっていく姿に助力者チサンの興味津々な知略が加わって、視聴者の注目を集めている。

K-Style
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1960868&categoryCode=PU


 ちょっと残念なニュースが...{#涙}

1話飛んだことでどうなるんだろと思ったけど、思ったほど視聴率もないしってことである意味打ち切りみたいな感じかしらん?

...ってことはこれまた1話飛んでる「馬医」はどうなるんでしょ?

 

ページ移動

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連エントリー

コメント0件

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム

ユーティリティ

カレンダー

検索

エントリー検索フォーム

Feed