エントリー

放送作家協会、「MBC『善徳女王』、盗作ではない」

韓国放送作家協会がMBCドラマ『善徳女王』がミュージカル『無窮花の女王、善徳』を盗作したとは判断しにくいという見解を明らかにした。

放送作家協会傘下の『善徳女王』著作権対策委員会は、3日、『善徳女王』がミュージカル『無窮花の女王、善徳』の台本を盗作していないという審査結果を下したと発表した。

協会側は「韓国放送作家協会は、盗作行為を作家の汗がにじんだ創作物を盗んだ最も破廉恥で不道徳な行為と規定しているので、自らの審査で盗作であることが判明すれば、“永久除名”という最も重い懲戒を下している」とし、「最近協会はドラマ『善徳女王』の盗作論議の中で、再び茨の上で同僚を審判台に立てなければならなかった」と明らかにした。

協会側は「私たち審議委員は全員一致で盗作ではないという結論を出すに至った」とし、「ミュージカル『無窮花の女王』側が盗作だと提起した“トクマンの砂漠での生活”、“トクマンとキム・ユシンの関係”、“トクマンとミシルの対立”などは、歴史的資料(例:新羅と西域の交流を類推できる遺跡)と資料(例:花郎世記)等から普遍的に想像可能で、二つのテキストの具体的設定と進行もまた、顕著に違いが生じるという点でこのような結論を下した」とその理由を説明した。

続いて「テキスト分析以後のドラマ『善徳女王』製作関係者が、ミュージカル『無窮花の女王、善徳』の台本を参考にした可能性というアクセシビリティも現実性がないという事実は、単に参考とした事案であるだけだ」と付け加えた。

innolife:2013/02/04(Mon) 19:00
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=162180

ページ移動

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連エントリー

コメント0件

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム

ユーティリティ

カレンダー

検索

エントリー検索フォーム

Feed