エントリー

「チャングムの誓いで『オナラ』を歌った子はこんなに大きくなったよ」

610.2.jpg

国楽の神童だったキム・スルギさんの近況が公開された。

10月7日放送されたMBC特別企画「大長今ルートを行く」1部では、10年前に放映された「大長今」で「オナラ」(懐夫歌)を歌った国楽の神童キム・スルギさんの近況が公開された。

キム・スルギさんは現在韓国芸術総合学校の学生で、昔の子供っぽい少女の姿を脱いで堂々と女性の姿を呈している。韓服を着て「オナラ」を歌った場所に戻ってきたキム・スルギさんは感慨にふけった顔をした。

キム・スルギさんは「当時は幼くて曲が良いかも分からなかった。しかし、今聞いてみると本当にいい歌だという理由が分かる」と話した。この日キム・スルギさんは即座に「オナラ」を歌って、以前よりさらに成熟した声を披露した。

キム・スルギさんは、昨年4月に映画「結い音」を通じて俳優としてもデビューし、様々な方面で才能を誇っている。

一方、「大長今ルートを行く」はMBC「大長今」の放送10年を迎えて制作された特別企画で、これまで「大長今」が放映された全世界の国々を探して冷めなかったドラマの熱気と余韻を伝える。

東亜日報
http://news.donga.com/Main/3/all/20131008/58071508/1


当時、10歳だったキム・スルギさん(一番上の写真の真ん中の子らしい)も20歳の娘さんになりましたわ

ページ移動

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連エントリー

コメント0件

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム

ユーティリティ

カレンダー

検索

エントリー検索フォーム

Feed