エントリー

ヨンエさん多言語ナレーション作業をするのだとか

もう撮影が終わったのかどうか知りませんが、イ・ヨンエさんが「師任堂、the Herstory」で各国語でナレーションまでしれくれるそうな

※2016.3.22追記:「師任堂、the Herstory」は最近後半部分の撮影が始まり、5月中には撮影を終えるのだとか


女優イ・ヨンエ、『師任堂』の多言語ナレーション作業に挑戦

  女優イ・ヨンエが多言語を学んでいる。

  イ・ヨンエはSBS(ソウル放送)ドラマ『師任堂、the Herstory』(原題、以下『師任堂』)の海外販売に向けて現地語でナレーションを録音している。

  『師任堂』は日本だけでなく中国・タイ・シンガポール・インドネシアなど、イ・ヨンエのブランドに後押しされて海外各国に過去最高額で販売された。このような状況を受け、イ・ヨンエはドラマに挿入されるナレーションをその国の言語で録音しようと直接監督にアイデアを出した。

  『師任堂』制作関係者は18日、韓国日刊スポーツの取材に対して「イ・ヨンエと監督が出したアイデアに意気投合して作業を進めている」とし「各国の現地人から発音やイントネーションなどを直接学んで吹き替えを作業中だ」と説明した。

  イ・ヨンエの韓流は国宝級だ。昨年11月、江原道江陵(カンウォンド・カンヌン)で開かれた事前制作発表会には国内外から300人余りの取材陣が集まった。「特級韓流スター」に分類されるイ・ヨンエのカムバックに対する関心は国内だけでなく海外も同じようだ。最後のドラマである『宮廷女官チャングムの誓い』は中華圏や中東でも視聴率90%という途方もない記録を叩き出し、シンドロームを巻き起こした。

  そのイ・ヨンエが『師任堂』で12年ぶりのカムバックを果たす。『師任堂』は朝鮮時代師任堂シン氏の人生を再解釈した作品だ。天才画家だった師任堂の芸術魂と不滅の愛を描く。劇中、イ・ヨンエは美術史を選考する大学講師と師任堂シン氏の一人二役を演じ、偶然見つけた師任堂の日記と謎の美人図にまつわる秘密をひも解く過程を、過去と現在を行き来しながら描いている。

  8月から撮影に入り、完成度のために100%事前制作されて、2016年下半期に放送される。

中央日報
http://japanese.joins.com/article/436/213436.html


英語とかドイツ語(大学はドイツ語学科だったっけ)とか欧米語はないのかしらん??

ページ移動

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連エントリー

コメント0件

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム

ユーティリティ

カレンダー

検索

エントリー検索フォーム

Feed